ARCHITECTURE

アントニン・レーモンドの建築/聖パウロ礼拝堂/聖ミカエル教会/東京女子大学

チェコの建築家・アントニン・レーモンドは独創的で温かみのある建築作品を数多く手がけたことで知られる。1888年チェコ生まれの彼はプラハ工科大学を卒業後、1910年にアメリカへ移住。建築家・フランク・ロイド・ライトのもとで学び、1919年に帝国ホテル建設の際に来日。その後日本に留まり、1973年に建築家を引退してアメリカに帰国するまでの間モダニズム建築を数多く残し、その作品は今でも多くの人々を魅了し続けている。前川國男、吉村順三、ジョージ・ナカシマなどの建築家がレーモンド事務所で学んだことからも、日本の建築界に大きな影響を与えたと言って良い。

この記事では国内で見られるレーモンドが手がけた建築のうち、私が特におすすめしたい作品を3つご紹介したい。

立教学院 聖パウロ礼拝堂

まず、一つ目は埼玉県にある「立教学院 聖パウロ礼拝堂」だ。

東武東上線志木駅を降りて歩いていくと、右手に立教新座キャンパスが見えてくる。正門を通ると目の前に見えてくる白い礼拝堂が「聖パウロ礼拝堂」。

チェコの建築家・アントニン・レーモンドによって1963年に建築された。立教高等学校がこの土地に移ってから3年経った後だった。聖パウロとは、つまりセント・ポール、立教のスクール・ニックネームだ。

ピュアで美しい外観のチャペルは、高さ17メートルの放物線アーチが組み合わされてできている。

中に入ると、色とりどりのステンドグラスからコンクリートの壁に虹色の光が差し込み、荘厳な雰囲気が漂う。ちょうどオルガンの練習中で、空高くそびえるチェペルの空間全体に音楽が響き渡っていて心地良かった。ステンドグラスは建築家の妻であるノエミ・レーモンド夫人によるデザイン。

中庭に出ると、高さ31メートルのベルタワーを取り囲むように回廊が続く。パイプオルガンの音色が響き渡るチャペルとは対照的に、中庭と回廊は静かで趣があった。ベルタワーには3つの鐘があり、礼拝の時間になるとその時間を告げ知らせるのだとか。

【立教学院 聖パウロ礼拝堂 DATA】

住所:埼玉県新座市北野1丁目2−25

アクセス:東武東上線 「志木」駅下車 徒歩 約15分

聖ミカエル教会

2つ目にご紹介したいのが北海道 札幌市内にある「聖ミカエル教会」。

住宅地の中で静かに存在感を放つ美しい教会は、

1960年にアントニン・レーモンドの設計によって建てられたもの。

チェコの建築家の作品なのに、どことなく日本的な要素も感じられる。

それは北海道の素材を用いた木が、時を経て自然とつくられた表情だからなのかもしれない。

また教会に温かみを与えている幾何学模様の窓は、アントニン・レーモンドの妻ノエミ夫人がデザインした和紙重ね張りであることも。

中に入ると、祭壇の上の窓から差し込む柔らかい光に包まれる。天井のどっしりとしたトドマツの太い丸太組みはいかにも北海道らしい。

この土地でしかできないデザインはとても理にかなっていて、自然で美しい。

【聖ミカエル教会 DATA】

住所:北海道東区北19条東3丁目4−5

アクセス:地下鉄南北線 「北18条」駅下車 徒歩 約15分

東京女子大学

中学〜高校時代の友人が通っていたことで、訪れることができた東京女子大学キャンパス。美しい歴史的建造物が建ち並び、なんてきれいなキャンパスなのだろう、とインパクトが強かった。これらの建物はレーモンドの戦前の作品として知られ、1924年〜38年に竣工。瓦葺きや白壁で統一され、女子大らしい爽やかで洗練された雰囲気だ。レーモンド設計の建物は7棟あり、文化庁登録有形文化財に登録されている。

Tokyo Woman's Christian University

上の写真は本館。訪れた時は夕方で、ピンクの空に白い建物が映えていた。左右対称の建築物で、彼が師事していたフランク・ロイド・ライトの「プレイリーハウス」にも通じるものを感じる。レーモンドは自伝で、師匠ライトの影響が強く、そこから抜け出すのに苦労した、と語っている。

チャペル・講堂を見学していると、フランスの建築家オーギュスト・ペレからの影響を感じさせる。ペレはベルギー・ブリュッセル生まれ。RC(鉄筋コンクリート)造という新しい技術を用いて芸術的な表現を探求し、コンクリート建築の第一人者と言われた。ペレとレーモンドは、聖路加国際病院などの設計を共同で行っていたこともある。この東京女子大学の礼拝堂は、ペレの代表作・ル・ランシーのノートルダム教会堂に影響を受けて制作されたのだそう。

Tokyo Woman's Christian University

東京女子大学のキャンパスを散策していると、レーモンドがライトやペレから影響を受け、モダニズム建築の最先端を生み出そうとしていた過程を感じ取ることができる。

【東京女子大学 DATA】

住所:東京都杉並区善福寺2丁目6−1

アクセス:JR中央線、JR中央・総武線、東京メトロ東西線)「西荻窪」駅 北口より徒歩12分

北口(1番のりば)より関東バス・西10・吉祥寺駅北口行きバス「東京女子大前」下車すぐ

おすすめ書籍

私が教会巡りで参考にしている本です。ご参考になれば幸いです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の最も美しい教会 [ 八木谷涼子 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/6/22時点)


沖縄で訪れるべき「名建築」2選 名護市役所/那覇市役所前のページ

東京モダン建築さんぽ/パレスサイドビルディング/日生劇場/羽根木の森次のページ

関連記事

  1. ARCHITECTURE

    東京近郊の建築がかっこいい美術館/ホキ美術館/角川武蔵野ミュージアム

    都内にはたくさんの美術館がある。気軽にアートに触れることができるのが…

  2. ARCHITECTURE

    異色の建築家・梵 寿綱の建築を巡る 〜Vol.1

    「日本のガウディ」と呼ばれる建築家・梵 寿綱(ぼん・じゅこう)を知っ…

  3. ARCHITECTURE

    沖縄で訪れるべき「名建築」2選 名護市役所/那覇市役所

    沖縄に訪れることがあるなら、海水浴や美ら海水族館も良いけれど、おすす…

  4. ARCHITECTURE

    ガラスのピラミッドと大地の彫刻

    建築を学んでいた学生の時、香川県の牟礼にあるイサムノグチ庭園美術館を…

  5. ARCHITECTURE

    上野の建築さんぽ 〜国際子ども図書館/東京国立博物館〜

    国際子ども図書館東京藝術大学キャンパスと目と鼻の先にある国際…

  6. ARCHITECTURE

    都内の美しい教会/カトリック碑文谷教会/東京山手教会

    私は幼少時に、都内のカトリック系幼稚園に通っていたこともあり、教会に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ARCHITECTURE

    上野の建築さんぽ 〜国際子ども図書館/東京国立博物館〜
  2. ARCHITECTURE

    札幌街歩き / 五稜星のある建物を探してみよう
  3. ARCHITECTURE

    アントニン・レーモンドの建築/聖パウロ礼拝堂/聖ミカエル教会/東京女子大学
  4. CAFE

    都内のレトロな喫茶 Vol.2 銀座〜有楽町エリア 「ストーン」「ローヤル」「ト…
  5. CAFE

    倶知安のカフェ「MOUNTAIN KIOSK COFFEE」「SPROUT」/ニ…
PAGE TOP