ARCHITECTURE

沖縄でおすすめの美術館 〜沖縄県立博物館・美術館/浦添市美術館〜

沖縄で私がおすすめしたい美術館2選。

展示内容は時期によって変わるので、美術館の建物や雰囲気など総合的に好きだなと思った美術館2つに絞ってご紹介したい。

沖縄県立博物館・美術館

「おきみゅー」という可愛らしい愛称で親しまれる美術館。この呼び名は「おきなわ」の「ミュージアム」を略し、「みゅー」という響きに親しみやすさを持たせたものなのだそう。

ゆいレール「おもろまち」駅を降りて、緑あふれる新都心公園の中を歩いていくと、左手に大きな白い建物が見えてくる。

Okinawa Prefectural Museum of Art

「おきみゅー」は美術館・博物館両方の機能をもつ複合施設として2007年に開館。老朽化した県立博物館の建て替えと、初の県立美術館の誕生が同時に行われた。

まるでお城のような外観は、沖縄の「グスク」をイメージしたそう。グスクとは、単に日本の「お城」のようなものというだけでなく、館や御嶽(うたき)と呼ばれる拝所だったと考えられる場所もあり、神聖な建物だと言われている。

美しいカーブを描く壁が特徴的で、沖縄の地元の素材である琉球石灰岩が用いられ、まるでカーテンのようななめらかな曲線が美しい。琉球石灰岩は加工がしやすいため、このような造形が可能になるのだとか。

無数の穴から太陽の光が差し込む。沖縄の強い日差しを防ぐと同時に、エントランスホールや美術館展示室へ自然採光が取り入れられている。樹木のような柱が立つエントランスホールでは、まるで木漏れ日のような光が溢れていた。琉球のオアシスをモチーフにしたもので、建物のいたるところに沖縄独自の文化・知恵が感じられる。

中庭には赤瓦の古民家がどっしりと建っている。これは屋外展示として、琉球の伝統的な高倉、民家を再現したもの。玄関がなく広い間口の建物は、沖縄の伝統的な古民家のつくり。縁側で靴を脱いだら、そのまま上がることができ、中のものや建物に触れたりしなければ、ちょっと一息ついたり、写真を撮影することもできる。

常設展を鑑賞したのだが、自然光を取り入れた展示室は空間が広く天井が高く、のびのびと作品を鑑賞できた。ミュージアムショップでは美術館・博物館の展示にまつわるものだけでなく、沖縄土産になりそうなものも並んでいたので、鑑賞の帰りに立ち寄ってみることをおすすめしたい。

【沖縄県立博物館・美術館 DATA】

住所:沖縄県那覇市おもろまち3-1-1

アクセス:沖縄都市モノレールゆいレール「おもろまち」駅下車徒歩10分

開館時間:9:00-18:00
休館日:月曜日

浦添市美術館

沖縄都市モノレールゆいレール「おもろまち」駅を降りてバスで「大平」へ。バス停からは歩いてすぐ、国道330号からオリエンタルな建物が並び建つのが見えてくる。

浦添市美術館は、1990年に沖縄県で初めて建てられた公立美術館。 設計したのは、高円宮邸や世田谷美術館なども手がけた建築家・内井昭蔵氏だ。

Urasoe Museum

「塔と回廊による構造」をテーマにしており、レベル差の異なる塔状の建物が集まり、周辺の樹木とともにエキゾチックな風景をつくり出している。

Urasoe Museum

外壁には茶色の正方形タイルが貼られ、建物の形には正方形と正八角形の平面が多用されていて、幾何学的なデザインが印象的。

Urasoe Museum

日本初の漆芸専門美術館としてつくられた美術館で、琉球漆器のコレクションを中心に、海外の漆芸品の展示も。私たちは企画展『レトロ・モダンな南国の華 ー近代沖縄の漆器たちー』展を鑑賞。赤地に黒の水玉模様の漆器や、赤地にトランプ柄の煙草セットなど、レトロモダンで可愛らしい漆器に心ときめいた。

中庭からの光に加え、塔状の屋根のハイサイドライトから差し込む光が展示室を優しく包み込む。

Urasoe Museum

美術館賞で歩き疲れたら、併設する「喫茶室 花うるし」で一息つくのもおすすめ。この喫茶室では、漆(うるし)の器で食事ができるのが魅力だ。展示で琉球王朝時代の漆芸品を鑑賞した後、現代漆器を実際に使うことができるというのが嬉しい。ガラス張りの空間からは美術館とお庭が眺められる。私たちが訪れた時、喫茶室は地元の人々でにぎわい、喫茶室のスタッフの方々にも親切にして頂いたのが印象に残っている。

私はミルクレープのケーキと紅茶のセット、5歳の息子はかき氷を頂いた。ランチメニューもあり、沖縄そばや日替わりの和みランチというものもあったので、お昼時に来ることがあったら、そちらも試してみたい。

【浦添市美術館 DATA】

住所:沖縄県浦添市仲間1丁目9−2

アクセス:沖縄都市モノレールゆいレール「おもろまち」駅下車→バス「大平」駅下車 徒歩3分

開館時間:9:30-17:00
休館日:月曜日

※ただし月曜日が祝日の場合は開館。
年末年始

関連記事

沖縄で訪れるべき「名建築」2選 名護市役所/那覇市役所

東京建築さんぽ 銀座・有楽町篇〜 東京交通会館/奥野ビル/中銀カプセルタワービル/有楽町ビル前のページ

異色の建築家・梵 寿綱の建築を巡る 〜Vol.1次のページ

関連記事

  1. ARCHITECTURE

    青森アート旅 Vol.1〜建築家・田根剛が設計を手がけた、弘前れんが倉庫美術館

    青森県といえば、夏のねぶた祭りや、近年は現代アートの美術館が増えてい…

  2. ARCHITECTURE

    沖縄で訪れるべき「名建築」2選 名護市役所/那覇市役所

    沖縄に訪れることがあるなら、海水浴や美ら海水族館も良いけれど、おすす…

  3. ARCHITECTURE

    札幌街歩き / 五稜星のある建物を探してみよう

    札幌へ旅行することがあれば、街歩きでおすすめなことの一つは、歴史的な…

  4. ARCHITECTURE

    ガラスのピラミッドと大地の彫刻

    建築を学んでいた学生の時、香川県の牟礼にあるイサムノグチ庭園美術館を…

  5. ARCHITECTURE

    都内の美しい教会/カトリック碑文谷教会/東京山手教会

    私は幼少時に、都内のカトリック系幼稚園に通っていたこともあり、教会に…

  6. ARCHITECTURE

    アントニン・レーモンドの建築/聖パウロ礼拝堂/聖ミカエル教会/東京女子大学

    チェコの建築家・アントニン・レーモンドは独創的で温かみのある建築作品…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. CAFE

    倶知安のカフェ「MOUNTAIN KIOSK COFFEE」「SPROUT」/ニ…
  2. CAFE

    都内のレトロ喫茶 Vo.3 上野〜谷中エリア/高級喫茶 古城/カヤバ珈琲
  3. CAFE

    都内のレトロな純喫茶 Vol.1/向島カド/新宿らんぶる/浅草橋ゆうらく
  4. ART

    プリミティブとモダンが融合した、杉本博司の代表作「江之浦測候所」
  5. CAFE

    函館のおすすめカフェ4選/classic /自家焙煎珈琲ピーベリー/cafe c…
PAGE TOP