ARCHITECTURE

ガラスのピラミッドと大地の彫刻

建築を学んでいた学生の時、香川県の牟礼にあるイサムノグチ庭園美術館を訪れたことがある。

石そのもののもつパワーを損なうことなく、石を彫刻した作品は有機的で、まるで生き物のようにエネルギーに満ち溢れていたことを覚えている。

彼のデザインした照明もまた彼の彫刻のように有機的な美しさをもち、シンプルで和室によく合う。

そんなイサムノグチが大地そのものをまるごと彫刻してしまった公園が札幌にあることは前から知っていて、ずっと行きたいと思っていた。

雪が溶けて活動的になる初夏、やっと「モエレ沼公園」を訪れることができた。

モエレとは、アイヌ語で「ゆっくり流れる川」という意味。

沼を通り過ぎると、広大な公園と森が広がる。不燃物や廃棄物のゴミ埋め立て地に設計されたとはとても思えない、素晴らしい公園だ。

建築学科で学んでいた初めは、建築物そのものや内部空間に興味があったが、だんだんと庭園やランドスケープデザインに興味が出てきた。

建物ももちろん月日とともにゆっくり朽ちていくが、庭園やランドスケープは季節や天気によってガラリと表情を変える。

そういうものも全部ひっくるめてデザインしてしまうランドスケープデザインに魅せられて、大学の卒業設計では日本庭園を回遊できる美術館を提案、大学院では庭園を研究することになったくらい。

このモエレ沼公園はイサムノグチの彫刻や照明のようにシンプルでありながら、有機的で優しいデザインだった。

お昼前くらいから子どもを連れたファミリーが増え始め、サンゴで舗装されているというモエレビーチには子どもたちの笑い声がいっぱい。

大地の彫刻のアクセントとなっているのがガラスのピラミッドの存在だ。

どこまでも軽やかで、光の加減によって表情を変えるガラスのオブジェのような建物。

なんだか心が透明になっていくような、不思議とピュアな気持ちになれる。

プレイマウンテンという高さ30mの円錐型の山。ゆるやかな坂を上り、頂上に着いてびっくり。

山の裏側はピラミッドのような、古墳のようなデザインになっているのだ。

段々の間にはタンポポが咲き乱れ、風に揺れている。

ピラミッドの形をしているからか、スピリチュアルな雰囲気に包みこまれる。

さらに大きなモエレ沼。こちらは62mもの高さがあり、公園全体だけでなく、札幌市全体を見渡すことができる。

晴れていたから、とっても気持ちのいい眺めだ。

ガラスのピラミッド、プレイマウンテン、モエレ山・・・と3つの大きな山/ピラミッド=錐状のものがあることで、広大なこの公園にはすごく大きなエネルギーが溢れているような気がする。

テトラマウンドという、小さな山のようなクモのような不思議なかたちをした造形。

思わずなんだろうと近づくと、真ん中に芝生の小さな丘が。

ミュージックシェルという白い扇型の建物は野外ステージになっていて、リハーサルをしているのだろうか、解放的な空間で気持ちよい音楽が流れていた。

モエレ沼公園は広大で、こうやってフィールドを移動したり遊んでいると、いつの間にかたくさん歩き、運動していることに気づく。

芝生の上に寝転んだり、イサムノグチデザインの遊具で遊んだり、山に登ったり。無心で遊んでいるうちに想像力が鍛えられそうな、何度も訪れたくなる公園だ。

【モエレ沼公園 DATA】

住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1−1

アクセス:札幌市街地から車で約40分。国道12号、国道275号、道道89号線(環状通)を経由し三角点通を中沼方面に進む。

バス「モエレ沼公園東口」下車、徒歩15分

設計:イサム・ノグチ(基本計画)

イサム・ノグチ財団、ショージ・サダオ(監修)

アーキテクト・ファイブ(設計統括)

関連記事

札幌アートスポット/TO OV cafe  – gallery/札幌芸術の森美術館

着物で旅する北海道/アルテピアッツァ美唄

着物で旅する北海道/アルテピアッツァ美唄前のページ

毛綱毅曠の建築/釧路市湿原展望台次のページ

関連記事

  1. ARCHITECTURE

    都内のクラシックホテル/学士会館/山の上ホテル

    明治・大正にかけて創業した「クラシックホテル」は、宿泊するだけで非日…

  2. ARCHITECTURE

    田上義也の建築 〜旧小熊邸/北一条教会〜

    世界三大建築家の一人、フランク・ロイド・ライトに師事し、北海道に数多…

  3. Happening Tower

    ARCHITECTURE

    異色の建築家・梵 寿綱の建築を巡る 〜Vol.2

    前回の記事「異色の建築家・梵 寿綱の建築を巡る 〜Vol.1」では、…

  4. ARCHITECTURE

    【地域別】国内の建築巡りにおすすめな書籍

    みなさんは、旅先でどんな場所へ行くのが好きですか?私はお仕事…

  5. ARCHITECTURE

    東京モダン建築さんぽ/パレスサイドビルディング/日生劇場/羽根木の森

    私が都内で名建築だと思う、モダン建築を3つご紹介したい。パレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Happening Tower

    ARCHITECTURE

    異色の建築家・梵 寿綱の建築を巡る 〜Vol.2
  2. CAFE

    都内のレトロな純喫茶 Vol.1/向島カド/新宿らんぶる/浅草橋ゆうらく
  3. CAFE

    札幌のすすきののネオ喫茶/ネオ喫茶 薄荷-ミント/薄野喫茶パープルダリア
  4. ARCHITECTURE

    青森アート旅 Vol.1〜建築家・田根剛が設計を手がけた、弘前れんが倉庫美術館
  5. KIMONO

    沖縄で紅型を着て撮影!ガジュマルの樹や古民家、やちむん通りなどロケーションも最高…
PAGE TOP